いつから高齢犬になるの?

小型犬、中型犬、大型犬と犬種で寿命も違うようですので少々違いはあるかもしれませんが・・・年を重ねるごとに体や行動に変化が現れます
肉体的な老化の始まる時期、シニア用の食事に変える時期のころからというと7歳くらいが一般的でしょうか。

 

ドッグランに行ってもついこの間までちょろちょろしてやんちゃだったわんちゃんが最近めっきりお友達と絡まないようになってきたなと思うこととかありませんか?
まず一番気づくのが見た目でわかる毛質の変化ですね。
白っぽくなる、艶がなくなる、毛玉ができる、毛が抜けるなどの変化がみられます
若いころに比べると新陳代謝も悪くなるので新しい毛の生え変りも遅くなり、皮膚もダボついてきます。
なるべく私たち飼い主の様々なケアでいつまでも若々しくいさせてあげたい部分ですね。
その他にも名前を読んでも反応が遅い、暗闇でぶつかる、寝てばかり、お散歩も行きたがらなくなるなど行動の変化もでてきます
しかしこれらの変化を飼い主の私たちが様々な配慮をしてあげることで愛犬の痛みやつらさを軽減してあげることはできます
愛犬の老化のサインを見逃さず早めに対処してあげましょう
便利なものも続々登場〜日々の健康管理に使えますね

 

周りの多くのワンちゃん見てると5歳過ぎた頃からいろいろな病気見つかりご飯を変えたとか病院も専門病院に行ってるなどの話が多いです。
高齢犬になり初めて保険に入っておけばよかったと気づいてる飼い主多いです。
なので高齢犬に突入する直前は良い機会かもしれませんね。
ペット保険のペッツベスト

保険料と補償のバランスが最高!

とにかく一度お見積り!