怖い!知っておこう!犬がなりやすい歯の病気

 

 

犬の歯、その他の病気を早期に見つけるには飼い主がきちんと知識を持つべきですね

 

では まず歯にはどんな病気があるのでしょう。
犬種によってもなりやすいものがあるみたいですね。
症状や、治療法、予防法等も知り、ワンちゃんの健康に役立てましょう。

 

病名 症状 治療法 予防法
歯周病

歯垢の中の細菌が原因で歯の周りの組織が炎症を起こす。
重症になるとあごの骨が溶けたり、歯が抜けてしまうこともあります
放置した場合は全身にに細菌がまわり他の臓器にまで疾患が見られるようになることもある本当に怖い病気です

軽度なら歯石取り、重度なら抜歯もあり(全水麻酔、無麻酔あり)

歯と歯茎の間の隙間をきれいにし歯垢をためない。
デンタルガムと併用するとなおよい

乳歯残存 成長しても乳歯が抜けないまま永久歯も重なり合うよう生えている状態 乳歯を抜歯して歯並びをよくする 子犬のうちに気付くこと(早期発見)
破折 歯が折れたりかけたりした状態。神経も露出してると細菌が入り込む 歯を修復する、抜歯。 固いものを与えないようにする
咬耗 歯が少しづつ減っていく。破折と違う点はじわじわ時間かけてすり減る。 神経が出ている場合は抜歯、状態により詰め物をすることも。
口腔内腫瘍 歯肉、歯茎、舌、ほおの裏に腫瘍ができる、悪性の場合はがん。 腫瘍摘出手術

口の中を日々チェック

 

エナメル質形成不全 歯の表面のエナメル質が正常に作られず、歯が折れやすくなったり、知覚過敏になったりする子供の頃かかった病気(ジステンバー、ウイルス性のもの)が原因とも言われている 歯の表面を滑らかに修復 子供の頃の病気で心あたりのある場合は受診を
虫歯 歯垢の中の細菌により酸が作られ歯を溶かすことが原因で歯が茶褐色、黒に変色、ひどくなると神経が見える場合もある 虫歯を削って詰め物をする 歯磨きをまめにし歯垢をためない

 

 

ざっとみただけでも7種類も!
どれを見ても怖いのが伝わりますね。

 

すべてはスキンシップをいっぱいして早期発見に努めましょう。