猫の病気、事故、冬に気をつけること

猫ちゃんは暖かいところが大好き。冬になると完全室内飼いの場合はずっと暖房器具のそばに居っぱなしのイメージです
しかし暖房がきいた室内にずっといると肌が乾燥してフケが出てきたり、肉球もかさついて固くなってきたり運動不足になり太ってきたりします。
ヒトと同じように風邪もひきやすくなるようですね

 

猫カゼ〜一般的に「猫ウイルス性鼻気管支炎」、とカリシウイルス感染症」のことで、いったん感染するとウイルスが体内に居続けます。これらのウイルスは気温が下がり乾燥すると活性化するので冬に鼻水や涙等の症状が出やすくなります。まずは定期的にワクチンを接種する事で予防することが大切です
尿石症のリスクが高まる〜寒いと運動不足と飲水量が減ることで排尿回数も減るのでオシッコが濃縮されます。結果、成分が結晶化して石ができやすくなり尿石症、膀胱炎等泌尿器系の病気にかかるリスクが高まる。普段と同じように水分補給のための工夫をしてあげましょう。シニア猫の場合は寒さ対策は特に気を使いましょう
その他気をつけることは乾燥で肉球が固くなり滑りやすくなるので落下する危険性がある、暖房器具のコードを噛み感電、ヒーターや浴槽の湯船などでのやけど、冬から春にかけての発情期に脱走し事故に合う危険性など思わぬ事故も考えられますので細心の注意をはらいましょう