「毛」が浮遊?猫アレルギーの原因

子供のころ猫を飼ってる友達の家に遊びに行くと
目が充血してかゆくなる

  • くしゃみが出る
  • 咳が出る
  • 鼻炎のような症状が出る
  • ぜんそくになる

などの症状が出ていました。

 

 

以前は「毛」に触れることが原因なんだと思い込んでいました。
しかしどうやら最近の研究で猫アレルギーのアレルゲンは「毛」そのものではなく唾液に含まれる成分「フェルディ1」が原因であることがわかってきたようです。
フェルディ1とはたんぱく質の一種で
ネコが毛づくろいをする⇒毛、皮膚に付着⇒乾燥して空気中に浮遊する、この経路でヒトの目、口、鼻などから体内に入り込み異物と反応しアレルギーを起こすことになります
ネコは他の動物アレルギー(犬、モルモット、ウサギ、等)に比べて粒子がとても小さく、軽量なので体内に入り込みやすく発症率が高いと言われています。
花粉症や、他のアレルギーを持つヒトは更に発症率をあげてしまうでしょう
ネコアレルギーを持つ人にとって猫との生活は無理と思われてる方が多いです
実際私も大人になるまでそう思ってました

 

しかし治療を行い暮らし方次第では可能にはなります。
既に飼っていてアレルギーを発症してしまった場合は対症療法(病気の原因に対してではなく症状を軽減するための治療)を行いながらこまめに掃除、換気、洗濯を日々行うのが大切だと思います
安易に手放したりするより周りのひとに相談してみましょう

 

まだ猫を飼いたいけれどアレルギー体質なので迷ってる方は呼吸器内科、アレルギー科、小児科(こども)でアレルギー検査を受診してからの方がよいかもしれません。
対症療法とは抗アレルギー剤を服用することにもなりますので。
もちろん猫アレルギーを発症しても適切な治療をしながら愛猫と楽しく暮らしてる方もいらっしゃいます。
早く猫アレルギーのための新薬ができるといいですね!