免責金額とは何ですか?

支払われる保険金(治療費)の一部(決められた金額)を飼い主様が負担することが免責といいます
免責金額(自己負担額)のご負担は通院、手術後とではなくひとつの傷病に対して1回だけになります。
(※ファーストプラン・アクシデントプランの場合は7500円、ベーシックプランの場合は20000円)
例えば
1回の事故(傷病)に対する免責金額(自己負担額)が2万円ならば
例えば2万円以下の治療費の場合は、保険金が下りないということです

 

ベーシンクプランという商品は免責金額が20000円、ファーストプランという商品は免責金額が7500円で、両方とも80%までの支払いで、保険金の支払い限度額は全てのケースでファーストプラン1に対して、ベーシックプランは1/2という内容です
例をあげますと
3歳の犬Aの場合
ファーストプランなら保険料は保険料は39040円なので56300円以上の治療費がかかった場合に、ベーシックですと保険料は22920円なので48650円以上の治療費がかかった場合にそれぞれやっと保険料以上の支給があるという計算になるようです。
ペッツベスト保険では『ペット保険』とはいざというときの高額な医療費の備えであり先進医療長引く病気の治療にたいして飼い主様の経済的負担を軽減するためにあると考えていますので少額の治療費は支払っていただく形になっていますがこのように免責金額を設定することで手ごろな保険料で手厚い保障80%を実現させていると言えましょう

 

 

公式HPで詳細を見る