愛犬を糖尿病から守ろう!定期健診で予防

最近増えている犬の病気の中に糖尿病があります
「糖尿病」とは血液中の糖分はインスイリンというホルモンによって体内に取り込まれエネルギーになります。しかしこのインスリンが少なくなり機能が低下し、糖分が吸収できなくなり血糖値が高くなる病気です。
犬も高齢化が進み人間と同じように増える傾向にあるようです
原因として代表的なのは肥満です
栄養豊富なドッグフードに、大切にしすぎておやつや、人間のものをあげる癖をつけた場合は体重が増えてしまいます。
適切な体重管理食事管理がとても重要なのですが一番必要なのは定期的に健診を受けることです。

 

どんな症状があるの?
多飲多尿なのに痩せてきたとかは要注意です。
糖尿病になりやすいのは不妊手術をしたメス犬にやや多い傾向があるようですね
そして糖尿病の怖いのは白内障、膀胱炎、などの合併症があり、ケトアシドーシスという状態(血液中にケトン体という有害物質が増えると嘔吐、体力低下、ひどい場合は昏睡状態)にもなりえるようです

 

治療はヒトの場合と同じように「インスリン注射」になります。
毎日、同じ時間帯にずっとこの先生涯にわたり打ち続けるのですから気力も、経済的にもいっぱいいっぱいになるに違いないです。
そのようなことにならないためにも普段の食生活を見直し、適度な運動を行うよう心がけてましょう
愛犬をまもれるのは飼い主だけなのですから定期的な健診で予防をしていきましょう