イヌの伝染性の病気ってどんなのがあるの?

楽しい生活を過ごすにはいうまでもなく「健康第一」です。
イヌにもいろいろな予防できるもの、できないもの等の病気がありますが
飼い主がそれらの病気の知識があれば早期発見、治療で治すことも可能です。
特に伝染性の病気は主に予防注射で感染を予防できます。
どんな伝染病があるか見てみましょう

 

狂犬病〜狂犬病ウイルスの感染よりおこる病気でヒトにも感染します。発症した場合100%の致死率です。世界各国でもまん延を防ぐための取組が模索中です、日本では1957年以降イヌの発症は0ですが小動物、海外帰国者などで発症例があり今でも感染予防活動は行われています。

 

ジステンバー〜感染すると発熱、目やに、鼻汁、等の風邪に似た症状があり進行すると神経まで侵され死亡に至る場合もあります。

 

犬伝染性肝炎〜感染したイヌの尿、便、食器などから感染し、軽度から重篤な症状まであり一般的には1週間くらいの潜伏期間のの後高熱を発症します

 

パルボウイルス〜感染力が強く、胃の粘膜がただれる消化器型、急性心不全となる心筋型がありますが日本では前者が多く、突然激しい嘔吐、下痢で脱水症状を起こします

 

レプストピラ症〜感染すると腎炎がおこり尿毒症になり、さらに進行すると嘔吐、下痢、血便などの症状が出ます

 

パラインフルエンザ・ウイルス(ケンネルコーフ)〜気温の変化が激しい季節に多くアデノ・ウイルスなどが気管に感染、そこにまた細菌が二次感染して激しい咳が出ます・重篤になると食欲不振、元気喪失、合併症が加わり死亡することもあります

 

フィラリア症〜蚊の媒介により発症。感染したイヌからイヌへ感染していき、その寄生により心臓肥大、肝硬変などの症状が出て痩せていきます